電装事業部

  • HOME >
  • 事業案内 >
  • 電装事業部

電装事業部

自動車部品プレスを主体に、樹脂成形まで幅広く対応。
世界トップレベルの技術で、高品質な製品を作ります。

日本車の高性能を支えるのが奥野工業の技術です。豊富な経験と最先端の技術力で、日本車の品質を担う電装部品を製造。日本最大の総合自動車部品メーカーである(株)デンソーの協力会社として高い納入実績を誇っています。
プレス部門は60〜200トンのプレスマシンを使用し、おもに小型部品に幅広く対応。豊富なノウハウがあり、試作品であっても短納期で納入が可能です。
奥野工業のプレス加工技術は、カーエアコンのホースのクランプ類、コンプレッサー部品の他、未来の技術である燃料電池車の部品にも採用されています。さらに自動車部品加工で育んだ技術は、「ソーラーパネル部品」や「仮設足場部品」といった異業種の分野にも応用・展開され、活躍のフィールドはますます広がっています。
樹脂成型品においては、メッキを施す場合、メッキにムラや傷、シミといった外観不良が発生しやすくなります。そんなロスを解消するため、奥野工業では樹脂製品の高精細な研磨システムを独自開発。何段階にも分けてベルト研磨することにより、メッキの乗りが格段に向上しました。この技術は自動車のドアノブやカーエアコンのキャップなど幅広い製品に活かされています。


製造品目:プレス製品 樹脂成形部品 スポット溶接部品 アルミ成形部品 ピンカシメ部品

プレス製品 レクサス用水冷スーパーチャージャー部品 FCV燃料電池車部品

樹脂製品 カーエアコン用配管キャップ ワイパーモーター用部品 ドアインサイドハンドル

自動車電装部品 燃料電池車関連部品 カーエアコン関連部品 ドアインサイドハンドル

page top